概要

秋月で購入したESP-WROOM-32 DevKitをMacで使うときの手順です。Arduino IDEだとBLE周りがアドバタイズしかできなかったりとか(時間が解決するかもですが)するので、フル機能を使いたい場合は今のところESP-IDFでの利用が必要です。ここではまずコマンドラインでのセットアップをします。

インストール方法

基本的なインストールはこのオフィシャルの手順でOK。

ですが、自分の環境だと細かい所が違ったので補足的にこちらも参照。

.bash_profileに書くパスは以下を2つとも書かないとmakeが通らなかったのでご注意。

シリアルコンソールを確認するには以下でOK。

screenコマンドの使い方はこちらで。

Eclipseの設定

/Library/Python/2.7/site-packages

スポンサーリンク